ブログ

2024.02.19

  • 衣服のお役立ち情報

スリムフィット?レギュラーフィット? あなたに合ったスーツを見つけよう!

自分の体形に合ったスーツ選びは、相手に洗練された印象を与えるだけでなく、忙しい毎日をストレス無く過ごすためにも非常に重要です。適切なスーツを選ぶことで、体型の長所を強調し、短所をカバーすることができ、快適な毎日が送れます。これからは体形に合わせてスーツを選んでみましょう!

1. 体型を理解する

まず、自分の体型を正確に理解することが重要です。体型は大きく分けて、細身、平均、筋肉質、ぽっちゃりなどがあります。鏡の前で立ち、自分の体形を客観的に観察しましょう。

2. スーツのフィット感を選ぶ

  • 細身の体型: スリムフィットのスーツが最適です。体のラインにフィットし、スタイリッシュな印象を与えます。
  • 平均的な体型: レギュラーフィットまたはスリムフィットのスーツが合います。体のラインに沿うスリムフィットで現代的な印象を、レギュラーフィットで少し余裕を持たせた快適な着心地を選べます。
  • 筋肉質の体型: タイトフィットを避け、レギュラーフィットまたはアスレティックフィットを選ぶと良いでしょう。筋肉のラインを美しく見せつつ、動きやすさも確保します。
  • ぽっちゃり体型: カスタムフィットや少しゆったりしたレギュラーフィットが適しています。体のラインを拾い過ぎず、バランス良く見せることができます。

3. ジャケットの選び方

  • 肩幅: ジャケットの肩は自分の肩とぴったり合うサイズを選びます。肩パッドの端が自然な肩のラインに沿うようにします。
  • 袖丈: 袖は手首の骨が見える程度で、シャツのカフスが少し(約1cm程度)見えるのが理想的です。
  • ジャケットの丈: ジャケットの下端がお尻を半分覆うか、それ以上の長さが理想です。

4. パンツの選び方

  • パンツのウエストは快適にフィットするサイズを選びます。タイト過ぎず、かといってベルトで締め付けなければならないほどゆるすぎないことが大切です。
  • パンツの丈は、靴の上に軽く触れるか、若干ブレイク(折れ曲がり)が生じる程度がベストです。

5. 素材と色の選択

  • 素材: 季節や着用するシーンに合わせて素材を選びます。軽いウールやコットンはオールシーズン対応、フランネルやツイードは冬向けです。
  • : ネイビーやチャコールグレーなどのダークカラーはスリムに見せる効果があります。明るい色やパターン物は体型を強調するので注意が必要です。

6. トレンドをおさえる

  • 英国風クラシックスタイル
    少し前までスリムなラインのスーツが流行りでしたが、近年は英国風のクラシカルなスタイルが主流。クラシカルなスタイルに今っぽさを取り入れたスタイルが人気を集めています。特にラペルの幅がやや広めで、肩パッドが薄いまたはノーパッドでナチュラルショルダー、ジャケットの着丈はお尻が隠れる長さが流行りになっています。
  • カラーを取り入れたカジュアルテイスト
    ビジネスシーンにおいては、重要な場面で着る『クラシック』と、クールビズ、テレワーク、自転車通勤など様々なシーンでも着られる『カジュアル』に二分化する傾向が見られます。カジュアルスーツは色合いの選択も幅広く、組み合わせ次第でさまざまな雰囲気を演出できる点から、スーツのトレンドは『カジュアル化に向かう』流れもあります。。

まとめ

体型に合ったスーツを選ぶことで、あらゆる場面で自信を持って着こなすことができます。自分の体型に合わせてフィット感、素材、色を選び、自分だけのスタイルを完成させましょう。

◎当店でのスーツの修復事例1(ポケット口裂けキズ)

◎当店でのスーツの修復事例1(股 裂けキズ)

さいごに

当店はかけつぎの専門店ですが、かけつぎに限らずそれぞれのお洋服のお困りごとに適した対処方法を提案しております。衣類の修復に関するお困り事の際はお気軽にご相談ください。

( LINEで簡単お見積りできます。
       →https://page.line.me/378fxtre?openQrModal=true )