ブログ

2024.02.29

  • 衣服のお役立ち情報

大切なスーツを長持ちさせる!脇と股のスレ対策

気がついたらスーツの脇が股が擦り切れてしまっている・・・他の場所は綺麗なのに脇や股が気になってお気に入りのスーツが着れない・・・。脇や股が擦れる現象は日常生活の中でよく見られますが、これらは着用する衣類の着方による摩擦、圧力、素材の質が大きく関わっています。今日は、この問題の主な原因と対策について解説します。

擦れる原因

  1. 摩擦: 身体の動きによってスーツの生地がワイシャツ、下着、肌などと擦れ合うことで、特定の部分が摩耗します。脇下や股は動きが多いため、これらの部位で擦り切れが最も起こりやすいのです。また、ウール素材など脇のフエルト化現象を起こしやすいものがあります。フエルト化とは、汗(水分)と摩擦により毛糸が縮まっていくことで起こるもので、フエルト化してしまったものは、元には戻らないので早めの対策が必要です。
  2. 圧力: 座る、歩く、走るなどの動作は、衣服に圧力を加え、特に股や脇の下の部分に摩耗を引き起こします。。本来、スーツは過度な運動に耐えうるように作られたものではありませんが、仕事が多種多様になった現代において、ハードな営業職でスーツが傷みやすいという方や、自転車通勤の方など、スーツを酷使する場面が増えています。
  3. 素材の質: 低品質の布地や繊維は、耐摩耗性が低く、擦り切れやすくなります。また、繊維の種類によっては、特定の条件下での耐久性が異なる場合があります。
スラックスの股部分が擦れて薄くなっています。
スラックスの股部分が裂けています。

対策

1. 適切なサイズの服を選ぶ

  • 正しいサイズ:自分にあったサイズのスーツ、ジャケットを選びましょう。過度な摩擦と圧力を避けられます。タイトすぎる服は摩擦を増加させ、擦り切れを引き起こす原因となります。

2. 耐久性のある素材を選ぶ

  • 高品質の素材:厚みのある素材や高品質で耐久性のある素材を選ぶことで、摩耗を減らすことができます。例えば、特定の合成繊維は天然繊維よりも耐摩耗性が高い場合があります。

3. 摩擦を減らす工夫

  • 摩擦を減らすための製品の利用:静電気防止スプレー、おしゃれ着用の洗剤などを使用しましょう。衣服の耐久性を向上させることができます。
  • ツーパンツスーツ:スーツのスラックスがよく破けてしまうのであれば、ツーパンツのスーツを購入するのもおすすめ。2着のスラックスを着回すことで股ずれによるダメージが蓄積しづらく、生地の傷みや破けを防ぐことができます。

4. 衣服の保護

  • 股の補強: 股ズレ防止のシック(当て布)が付いているズボンを着用するとよいでしょう。汗や摩擦によるダメージを軽減し、ズボンの破れ防止になります。スラックスの場合、あらかじめシックが取り付けられていることも多く、あとから取り付けることも可能です。
  • 脇の補強:脇あてが効果的です。脇あてとはアームホールの下に付いている三角のパッド状のものです。ジャケットの裏地と同じ素材で作られているものもあり、汗を吸収し表地に汗がしみることを防ぎます。脇下の滑りを良くし、摩擦からスーツを守る機能的な仕様です。
ジャケットと同素材で作られた脇あて

5. 適切な洗濯方法

  • 洗濯方法と洗剤:衣服を裏返して洗濯することや、洗濯ネットを使用することで、洗濯時の摩擦を減らし、衣服の摩耗を避けることができます。また、おしゃれ着用洗剤には、シリコンや柔軟成分などが入っており、繊維をコーティングしながら洗えるのが特徴で、服に対するダメージを最小限にできます。

6. 定期的なメンテナンス

  • 早めの対策: 擦り切れを見つけたら、早めに修理しましょう。さらなる損傷を防ぐことができます。小さな穴や裂け目は、修理が比較的簡単で、修復跡も綺麗です。自分では見分けが難しい、キズやスレが大きそう・・・等悩んだ場合は専門店にご相談を。

まとめ

これらの対策を適切に行うことで、大切なスーツの擦れやキズを大幅に減らすことが可能です。スーツを購入するときのサイズや素材の選択、メンテナンス、そして適切なケアが、衣服の寿命を延ばす鍵となります。

◎かけつぎ修復事例1(ジャケット脇スレ)

◎かけつぎ修復事例2(スーツパンツ 股スレ、穴)

さいごに

当店はかけつぎの専門店ですが、かけつぎに限らずそれぞれのお洋服のお困りごとに適した対処方法を提案しております。衣類の修復に関するお困り事の際はお気軽にご相談ください。

( LINEで簡単お見積りできます。
       →https://page.line.me/378fxtre?openQrModal=true )