ブログ

2023.12.18

ウールコートの擦れキズ発生!どうして?どうしよう!


冬のマストアイテム、ウールコート。でも、気づいたら擦れキズが…そんな経験ありませんか?ここでは、なぜウールコートに擦れキズができてしまうのか、その理由と対策をざっくりと紹介します。


そもそもウールコートとは?

暖かくてオシャレなウールコート。でも、実はデリケートでちょっとしたことでキズがつきやすいんです。どうしてこんなにキズがつきやすいのか見てみましょう。


擦れキズの原因って?

  • 摩擦: ショルダーバック、リュック、時計、アクセサリー、手袋などの摩擦により肩や袖口にいつの間にか擦れキズが…。
  • 圧力: バスや電車で長時間座る、重い物を長時間コートの上に置く、狭いスペースに圧縮して保管するなどコートへの圧迫がキズの元。
  • 化学的ダメージ:直接香水をかける、汗をかいたまま、過度な洗濯などはウールがダメージを受けてしまいます。
袖口の擦れキズ

日常生活でキズがつく瞬間

普段何気なく着ているだけでも、知らず知らずのうちに肩や袖口、襟元にキズが…。ポケットに物を詰め込んだり、細いハンガーで吊るしたりするのもNG。気をつけよう!


やっぱり高品質なコートの方が丈夫?

高級なウールコートは、擦れに強いと言われています。繊維の密度や編み方がキズに強いんですね。


予防とケアのヒント

  • 保管方法に注意: 幅広ハンガー使って、ゆったりと保管しましょう。保護カバーも役立ちます。
  • 洗濯は慎重に: 着た後はなるべくブラシでお手入れしましょう。洗うときはプロにお願い。
  • 着用時は気をつけて: バッグの摩擦に注意。ポケットパンパンにしない、連続着用は避けて、生地を休ませてあげましょう。

それでもキズがついてしまったら?

小さなキズはブラシで目立たなくできますが、根本的な解決にはならないかも。深いキズや広範囲のダメージは、修理を考えてみましょう。かけつぎや丈詰めで見違えるようになるかも!

【かけつぎによる修復事例】

ショルダーバックによる擦れキズの修復
トグルによる擦れキズの修復

まとめ

ウールコートはちょっとしたことで擦れキズができてしまうことがありますが、適切なケアと保管で長持ちさせることができます。日々のちょっとした心配りが大事ですよ!

さいごに

当店はかけつぎの専門店ですが、かけつぎに限らずそれぞれのお洋服のお困りごとに適した対処方法を提案しております。衣類の修復に関するお困り事の際はお気軽にご相談ください。

( LINEで簡単お見積りできます。
       →https://page.line.me/378fxtre?openQrModal=true )